民藝と住まい【後編】大きく流れる時代のなかで見直される“暮らし”

明治大学理工学部 准教授 鞍田崇

  


前編はこちら

鞍田崇
1994年、京都大学文学部哲学科卒業、2001年、京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。日本学術振興会特別研究員、総合地球環境学研究所特任准教授などを経て、2014年から現職。主な著書に、『民藝のインティマシー「いとおしさ」をデザインする』(明治大学出版会)、『「生活工芸」の時代』(共著、新潮社)、『道具の足跡-生活工芸の地図をひろげて』(共著、アノニマ・スタジオ)などがある

――民藝が求められている背景には、暮らしに対する人々の意識の変化があるのでしょうか。

意識という点では、社会の歯車のなかで無意識に流されていることに対して、どこか違和感を覚え始めている人が存在しているのは確かです。前回お話したように、“民藝”という概念をつくった思想家の柳宗悦氏や陶芸家の濱田庄司氏らは、精巧に作られたデザイン性のある高価なものが上手物(じょうてもの)と呼ばれ、民藝品のような日常づかいのものが下手物(げてもの)と言われた時代に、あえて民藝品に注目しています。民藝を暮らしに取り入れたいと考える人の中には純粋に器の形や色使い、自然素材の持っている温もりに惹かれている人がいる一方で、柳氏らのように世間一般の常識や社会的通念をなんとなく受け入れることに対して疑問を抱くとともに、与えられたものでなんとなく暮らしを営むことに対して、一旦身を引いて考えてみようとしている人もいるのだと思います。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース