国交省、CLT告示改正で新樹種を追加 ヒノキ、カラマツの強度を明確化

強度確保しやすく設計自由度が向上


国土交通省は、CLTに関連する告示の改正案を公表した。構造計算に必要な基準強度が明確化されているスギに加え、新たにヒノキ、カラマツの基準強度を明確化する。より高い強度の樹種が使いやすくなることで、設計の自由度が高まり、CLT普及に弾みがつきそうだ。

* * *

国土交通省は、新たに実験等によって性能が確認された樹種(ヒノキ・カラマツ等)について、樹種に応じた基準強度を使用することが可能となるよう特殊な許容応力度及び特殊な材料強度を定める件(平成13年国土交通省告示第1024号)についての改正案を公表した。

パブリックコメントの募集を経て2018年11月に公布。さらに3カ月後に施行する。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

 

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです