2度あることは

  


北海道胆振東部地震では、札幌市清田区を中心に液状化被害が発生し、家が傾く、道路が陥没するといった地盤被害が拡大した。こうした地盤被害を受けて、地盤工学会は調査団を発足し現地調査を実施。現地調査を行った北海道大学の石川達也教授は、「清田区では、里塚、美しが丘、清田団地といったエリアで液状化被害が拡大したが、共通する特徴として谷、沢を埋め立てて宅地造成した場所に液状化被害が集中している」と話す。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース