住宅・建築業界では、人手不足などを背景に、情報技術などを駆使し、建築行為を高度にデジタル化し、これまで想像もできなかったような効率化を図ろうという手法が萌芽し始めている。最近では、オープン工法を前提とした在来木造の分野で、工業化技術と、最新の情報技術の融合を図り、大型パネル受託加工事業を展開するウッドステーションが存在感を増している。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
このエントリーをはてなブックマークに追加