家と庭が両立する住まい提案を強化 顧客一人ひとりが欲する価値を提供

タカショー 代表取締役社長 高岡伸夫 氏


タカショーは、別注対応ができる工場機能を強化し、高付加価値提案を強化している。同社の高岡伸夫社長は「顧客一人ひとりのオーダーメイドに対応できるという強みをさらに伸ばすことで、価格競争ではなく、品質競争、価値競争で、事業価値を増していきたい」と話す。7月26日・27日、東京流通センターで開催するガーデン&エクステリアフェアの見所と合わせて、タカショーの差別化戦略を聞いた。

タカショー 代表取締役社長 高岡伸夫 氏

──ガーデン&エクステリアの市場環境をどのように見ていますか。

世界的に見ても100年に一度と言っていいほどの大変革期に入っているのではないでしょうか。21世紀は庭の時代だと言われます。世界大戦後、先進国を中心に大量の住宅が供給されましたが、60年以上の年月を経て老朽化が進み、建物だけでは陳腐化しやすい、資産価値を高めるためには庭を付けなければならないということに多くの人が気づき始めています。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです

人気記事