ポラスグループで賃貸マンション・アパートの請負・建築を手掛けるポラスグランテックは、軽量鉄骨工法による賃貸住宅の提案を開始した。これまで3階建て以上の賃貸住宅については、重量鉄骨造の提案を行ってきたが、今回の軽量鉄骨工法の導入により約3割のコストダウンと30日間の工期短縮を実現し、賃貸住宅の訴求力アップを図る。

ポラスグループのポラスグランテックは軽量鉄骨造軸組工法の3階建賃貸マンション「LiveHarmony」(ライブハーモニー)を開発、販売を開始した。2018年度は5棟を目標に提案していく。同社はこれまで、RC造、重量鉄骨造、木造の賃貸住宅の提案を行ってきたが、軽量鉄骨造のものは今回が初となる。

ポラスグランテックでは3階建て以上の賃貸住宅については主に重量鉄骨造の賃貸住宅を提案してきた。耐震性などの重量鉄骨造のメリットを訴求する狙いからだ。だが、一般的に普及している軽量鉄骨造の賃貸住宅と比べると、重量鉄骨造のものはコストが割高になり、価格競争力で他の事業者に比べて劣ることもあった。

このため、2年ほど前から軽量鉄骨造を採用した賃貸住宅の開発の検討を開始。商品の作り込みや他社のハウスメーカーと提携して軽量鉄骨を仕入れるなどの準備を行ったうえで、今回、「Live Harmony」の発売に至った。

同社の重量鉄骨造の賃貸住宅に比べ、総事業費ベースで28%のコストダウンを、1%~1.5%利回りの向上を実現。工期についても約30日の短縮を図っている。

「Live Harmony」では高品質な軽量鉄骨プレハブシステムを採用。梁には250㎜の大型サイズのものを導入することで高い強度を実現し、耐震性は耐震等級3を取得することが可能だ。

ポラスグランテックでは賃貸住宅だけでなく、事務所や店舗などの非住宅でも軽量鉄骨造の建物の提案を行っていきたい考えだ。賃貸住宅と同様にコストメリットを活かした提案を行っていく。まずは年間2~3棟を目標に取り組みを進める。

「Live Harmony」では各住戸に入居者が自由にアレンジして使えるサービススペースや趣味のスペース、大容量の収納などを備え、差別化を図る

ポラスグランテックは軽量鉄骨造による賃貸住宅の販売を開始。主に3階建て以上で提案していく

賃貸需要落ち着くなか高付加価値で差別化

ポラスグランテックでは設計やプランにおいて付加価値の高いものを提供し、一般の賃貸住宅と差別化を図っている。例えば、同社の女性スタッフが一人暮らしの女性の好むライフスタイルを想定しプランを考えた賃貸住宅の提案などを行っている。「Live Harmony」でも、例えば、各住戸に入居者が自由にアレンジして使えるサービススペースや、一般的な賃貸にはない趣味のスペース、大容量の収納などを備え、差別化を図る。

ポラスグランテックの供給した賃貸住宅の入居率は96.7%と高く市場への訴求力は高い。だが、数年前より賃貸住宅の建築需要が落ち着いてきており、市場は飽和気味になってきている。このため、一層、付加価値の高い賃貸住宅の提案に力を入れていきたい考えだ。

#
このエントリーをはてなブックマークに追加