【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

新築マンションを自分仕様の空間にカスタマイズ

#02 東京都三鷹市・勝山邸

   text:佐藤可奈子 photo:石田勇介

  • 白いクロス貼りだった壁を『古木タイル』仕上げに。キッチンのカウンター下にはラーチ合板で棚を造作し、お気に入りの家具や雑貨と空間を馴染ませている

  • キッチンカウンター下の棚は、勝山さんがラフを描き、素材も選定

  • 一本一本表情が違う『古木タイル』が空間を唯一無二のものに

    「新築マンションは設備や機能がいろいろ付いていて、それが良いと言う人もいるけど、僕は自分に必要なものや好きなもので空間づくりがしたかったので、ちょっと不満でしたね(笑)」と話すのは、インテリアブランド『ACME Furniture』や『journalstandard Furniture』のセールスプロモーションを担当している勝山龍一さん。当初は中古マンションリノベーションを希望していたが、希望エリ…


    続きを読むには…

    この記事は、無料会員向けコンテンツです。
    会員登録をすると読むことができます。

    会員の方はログイン

    関連記事