住まい百景 |  2018.6.18

新築マンションを自分仕様の空間にカスタマイズ 

#02 東京都三鷹市・勝山邸

 (text:佐藤可奈子 photo:石田勇介)

  • 白いクロス貼りだった壁を『古木タイル』仕上げに。キッチンのカウンター下にはラーチ合板で棚を造作し、お気に入りの家具や雑貨と空間を馴染ませている

  • キッチンカウンター下の棚は、勝山さんがラフを描き、素材も選定

  • 一本一本表情が違う『古木タイル』が空間を唯一無二のものに


    全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

    Housing Tribune Online無料会員とは?


    無料会員登録済の方
    新規ユーザー登録
    *必須項目

    Housing Tribune最新刊

    住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

    ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

    特集:

    民法改正で何が変わる?
    問われる建築時の性能管理能力

    2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

    これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

    住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

    目次を見る