設備 |  2018.3.1

LIXIL、人気のセラミックトップキッチンの販売を強化 

最上位機種「リシェルSI」をモデルチェンジ

システムキッチンの最上位機種「リシェルSI」をモデルチェンジ。人気のセラミックトップに新色を追加したほか、セラミックトップと調和する新素材「ハイブリッドクォーツ」を使ったシンクも搭載。セラミックトップキッチンの販売を強化する。

LIXILは2015年にシステムキッチンの最上位機種として「リシェルSI」を発売。焼き物ならではの素材感と、熱やキズ、汚れに強い耐久性を両立したセラミックトップをキッチンに採用した。

「セラミックはキッチンのワークトップとして最高の素材と考えている」(常務役員 LIXILWater Technology Japan 大西博之 キッチン事業部長)としている。

セラミックトップはエンドユーザーからの評価も高く、「リシェルSI」シリーズの中でも人工大理石やステンレスを上回る構成比40%を占める。セラミックトップが牽引し、「リシェルSI」の販売台数も前年比で105%(2016年度第1~第3四半期と2017年度第1~第3四半期の比較)と増加している。今回、発売から3年目を迎え、セラミックトップの魅力をさらに高めるためモデルチェンジを実施。「リシェルSI」の販売拡大を図る。3月1日より受注を開始する。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る