住宅 |  2017.12.6

(一社)プレハブ建築協会 プレハブ住宅で国産材活用を推進 

木材業界と検討WGを発足

プレハブ住宅 で国産材の利用を進めていく方針を打ち出した。協会内に国産材利用検討ワーキング・グループを立ち上げ、木材業界の企業、団体にも参加してもらい利用推進方策を検討していく。

大和ハウス工業は「ジーヴォ グランウッド」で構造軸組材を100%国産材で賄える「純国産仕様」を提案している
積水ハウスが2016年に発売した木造住宅シャーウッド「グラヴィス 凛庵(リアン)」は国産材構造材を標準採用している

プレハブ住宅で国産材の利用が拡大しそうだ。プレハブ住宅は構造材に軽量鉄骨を使用するものが多く、これまで木材を多く使っているイメージはあまりなかった。しかし、実際には内装の造作や下地材などで木材を多く使用している。また、最近では大手プレハブ住宅メーカーが木造住宅も手掛けている。そうしたなか、国内の森林資源の活用や環境貢献を推進している林野庁の呼びかけで、今年6月と8月に会員企業9社(旭化成ホームズ、積水化学工業、積水ハウス、大成建設ハウジング、大和ハウス工業、トヨタホーム、パナホーム、ミサワホーム、ヤマダ・エスバイエルホーム)と国土交通省も参加する「国産材利用検討会」を開催。会員企業の国産材活用の現状の取り組みや成果について把握するとともに、今後の利用拡大に向け、取り組みの方向性を取りまとめた。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る