建材 |  2017.12.1

ニチハ 窯業系サイディングで塗膜30年保証も実現 

高付加価値戦略をさらに強化

ニチハ(名古屋市中区・山中龍夫 社長)は高付加価値戦略をさらに強化していく。窯業系サイディングで新たに業界初となる塗膜30年保証を実現する新技術も開発し、高付加価値商品の開発・拡販を推進し売上高・利益の向上を図る。


11月10日に名古屋市のウェスティンナゴヤキャッスルで開催された「ニチハサマーキャンペーン 2017 報告会」は関係者で大いに賑わった

ニチハの高付加価値商品が好調な業績をあげている。同社は住宅事業者などを集めて11月10日に「ニチハ サマーキャンペーン 2017」の実績報告会を行い、過去最高の昨年に迫る実績となったことを発表。「Fu-ge(フュージェ)」を代表とする高付加価値製品の販売が好調であったことが好業績の大きな要因とした。具体的なキャンペーンの販売数量については、窯業系サイディングが208.3万坪で、金属系サイディングが18.5万坪であった。

また、高付加価値戦略などが影響し、11月8日発表した2018年3月期第2四半期の決算についても、概ね好調を維持。売上高は568億5400万円(前年比99.7%)、営業利益は66億8100万円(同107.9%)、経常利益68億4100万円(同116.5%)、四半期純利益50億600万円(122.1%)となり、中間期決算としては、2期連続で過去最高を記録した。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る