お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2017.11.17

三菱地所ホーム、全館空調で開放的なマンションリフォームを提案

「新マンションエアロテック」を発売

マンションリフォーム用に開発した全館空調システム「新マンションエアロテック」を発売した。床下空間を活用することでダクトの設置を不要にした。スケルトンリフォームと組み合わせ、間仕切りのない大空間での快適な暮らしを提案する。


三菱地所ホームでは1995年に独自の全館空調システム「エアロテック」を戸建住宅に搭載して以来、実績を積み重ねてきた。コンパクトな室外機1台で、24時間365日、家中を換気しながら温度差のない快適な温熱環境を実現する。現在は戸建住宅だけでなく、マンション用の「マンションエアロテック」もラインナップしている。

ただし、既存のマンションにリフォームでマンションエアロテックを導入しようとすると、ダクトを敷設する際に室内の天井の高さが確保できないケースがあった。そこで今回、マンションリフォーム用として新たに「新マンションエアロテック」を開発、販売を開始した。

「新マンションエアロテック」では、マンションの上下階の遮音性を確保するために設けた二重床下空間をダクトの代わりとなる空気の経路として活用する。床下を通った空気は床に設けた吹出口から室内に送り込まれる仕組みだ。これによりダクトの敷設を不要にした。

「新マンションエアロテック」のイメージ

大空間でも快適な温熱環境を実現

家中で温度差のない快適な温熱環境を実現する全館空調を導入することで、間仕切りのないオープンな大空間の創出が可能になる。そのため、同社では「新マンションエアロテック」をスケルトンリフォームと組み合わせて提案していく方針だ。

間仕切り壁によって複数の居室に仕切られている既存のマンションをスケルトン状態にまで解体し、「新マンションエアロテック」を導入。さらに、全館空調の特長を活かした開放的な間取りに変更する。2部屋を一体化するなどして広々とした開放的な空間とするプランなどを提案していく。

「家族が自然と集まるようなダイニングを暮らしの中心においたプランや、玄関に大きな土間空間を設けたプランなども可能になる」(リフォーム事業部門 中島秀敏常務執行役員)としている。

同社の加藤博文社長も「マンションに多い田の字型のプランから脱却し、オープンな住まいづくりを提案していきたい」と語っている。

「新マンションエアロテック」の価格は250万円(税別・専有面積90平方メートルまで)。同社ではスケルトンリフォームを70平方メートルで850万円という定額で提供しており、あわせて1,100万円となる。マンションリフォーム受注拡大の起爆剤にしたい考えだ。

「新マンションエアロテック」の投入でオープンな住まいづくりを提案したい」と語る加藤社長

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事