ダイキン工業は非居室への設置に特化した、非居室用エアコンを新たに提案する。洗面所・脱衣室や廊下、キッチンなどに設置することで家全体を快適にし、ヒートショックの予防にもつなげる。

ダイキン工業は洗面所・脱衣室や廊下、キッチンなどの“非居室用”のエアコン「ココタス」を2018年2月27日に発売する。

エアコンというと、リビングや家族各自の部屋、寝室などの居室に設置することが一般的。だが、ダイキン工業が行った調査によると、約9割が非居室に設置できるエアコンが欲しいと思っており、6割は非居室での暑さ・寒さを我慢しているということがわかった。海外ではセントラルヒーティングが一般的で家全体を快適な温熱環境に維持できる。一方、日本では全館空調が普及してきてはいるが導入コストの面からまだ当たり前になっているとは言えず、部屋ごとのエアコンの設置が基本。非居室にはエアコンを設置していない家庭が多く、暑さ・寒さを感じてしまうというのが実情だ。近年は、居室と非居室の温度差によるヒートショックの問題もクローズアップされてきている。そこで、ダイキン工業は非居室用に特化したエアコン「ココタス」を新たに開発。「ココタスを通じて、日本の住宅の空調文化を変えたい」(コーポレートコミュニケーション室)と意気込む。

非居室の小さなスペースに特化
コンパクト化と快適性を追求

ダイキン工業は洗面所・脱衣室や廊下、キッチ ンなどの“非居室用”のエアコン「ココタス」を 2018年2月27日に発売

ココタスでは非居室の小さなスペースでも取り付けやすいように、幅460mm ×380mm×高さ175mmと非常にコンパクトに設計

ダイキン工業は洗面所・脱衣室や廊下、キッチ ンなどの“非居室用”のエアコン「ココタス」を 2018年2月27日に発売

ココタスを洗面・脱衣室に設置すれば、快適性の向上やヒートショックの予防にも期待できそうだ

ココタスの最大のポイントは、非居室の小さなスペースでも取り付けやすいように、幅460mm×380mm×高さ175mmという非常にコンパクトな設計であること。従来、非居室用として使われてきた「天井埋込カセット形」のエアコンと比較して、化粧パネルの約68%の小型化に成功。特にスペースの狭い廊下でも、照明にも干渉することなく設置できる。従来よりも小型のファンを新開発し、エアコン内の構造も変えたことで、大幅な小型化に加え静音性も実現している。

また、従来の居室用エアコンでは、非居室の小さなスペースに対してパワーが強すぎて、温め過ぎてしまったり冷やし過ぎてしまったりと、快適な室温の維持が難しかった。このため、ココタスでは200Wという低電圧でも安定して機能する冷媒制御技術などを開発し設定温度到達後もきめ細やかな運転を可能にしたことで、小さなスペースでも室温の変化を1℃以内に抑えることを実現した。

ココタスには無線LAN への接続機能も標準搭載。スマートフォン専用アプリでの遠隔操作が可能だ。室外機については、1台で3台まで室内機エアコンなどを接続できる「住宅用マルチ」を設定している。ココタスの希望小売価格は14万円(室内機・化粧パネル、税抜)。新築、リフォームの両方で提案を行っていく。

#
このエントリーをはてなブックマークに追加