設備 |  2017.11.6

トクラス 中高級キッチン市場のさらなる深耕へ 

横浜でプラン提案力を高めたショールームを開設

トクラスは、横浜ショールームをリニューアルオープンした。キッチンや水まわり空間のこだわりのリフォームを求める層のニーズに応えられるように、プラン提案力を高めた様々な工夫を導入した。全国のショールームを順次リニューアルしユーザー接点力の強化を図ることで、同社が得意とする中高級市場でのさらなるシェアアップを目指す。


「顧客ファーストの考え方を徹底し、国内メーカーNo.1の顧客満足度の獲得を目指す」と話す佐々木社長

トクラスは、横浜市神奈川区鶴屋町にあった横浜ショールームを、横浜駅から徒歩5分の場所へ移転し「トクラスギャラリー横浜」として20年ぶりにリニューアルオープンした。

トクラスギャラリー横浜では、キッチンや、バスルーム、洗面化粧台などの水まわり空間のこだわりのリフォームを求める層をメインターゲットとして定め、展示内容を工夫し、プラン提案力の向上を図った。

同社初の予約制ギャラリーとして運営していく。一般的に住宅設備メーカーのショールームは、水曜などの平日が休みだが、同社初の取り組みとして、夏期および年末年始は除き、年中無休で営業する。

住宅事業者やリフォーム店などに活用を促し、顧客への提案をサポートしていきたい考えだ。

とくにキッチンの展示コーナーでは、I型の標準的なキッチンだけでなく、多彩なスタイルのキッチンを展示し、ユーザーが理想のキッチン空間をイメージしやすいように配慮した。

具体的には、同社の強みである塗装技術や人造大理石の製造技術を凝縮したプレミアムキッチンを展示するコーナーを用意。さらに、L型、コの字型、二列型キッチンなど多彩なスタイルのキッチンなども展示した。加えて、キッチンのカウンターや、吊り戸棚や、シンクなどの実物を並べて、細かな仕様を比較検討できるコーナーなども設けた。

同社では「丁寧なヒアリングで顧客一人ひとりの要望や、自宅の寸法にフィットしたオリジナルのキッチンプランの提案を行っていきたい」としている。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

緊急事態宣言、39県で解除

住宅展示場やショールームも営業再開へ

その他 |  2020.3.16

住宅産業に影を落とす 新型コロナウイルスの災禍

部品の受注停止・納期延期、住宅受注への影響も

設備 |  2019.9.19

TOTO「総合研究所」

人、水、素材を探求し 最先端のコア技術を創出 魅力ある商品の提供へ