行政 |  2017.11.2

空き家活用の促進などで建築基準法を改正 

既存ストックの用途変更や内装木質化で規制緩和

国土交通省は、空き家を用途変更して活用しやすくしたり、建築物で内装に木を利用しやすくするために、建築基準法を改正し規制緩和を図る。年度内に内容を取りまとめる予定だ。


2014年以来の大きな見直し

国土交通省は「社会資本整備審議会 第40回建築分科会及び第13回建築基準制度部会合同会議」を開催し、空き家などのストック活用や建築物への木の利用の促進、建築物の安全性を確保するための適切なメンテナンスの促進に向け、建築基準見直しに向けての検討に入った。年度内に内容を取りまとめ、早期の法改正を目指す。

2012年に国土交通大臣が社会資本整備審議会に対して行った諮問「今後の建築基準制度のあり方について」への答申により、近年、建築行政に関して2度の法改正が行われている。ひとつは、2013年の第一次答申で「耐震改修促進法」が改正。一定の建築物に対し、耐震診断の義務付けや、耐震改修計画の認定で容積率等の緩和を図る措置などが講じられた。また、2014年の第二次答申により、建築基準法が改正され、木造3階建の学校が可能になるなどの規制の合理化が行われた。

そして、今回、社会資本整備審議会は第三次の答申に向けて審議を開始。建築基準法の改正を念頭に年度内を目途に議論の取りまとめを目指す。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

その他 |  2020.7.16

住木センターが高耐力用接合金物を規格化

中大規模木造市場拡大に弾みへ

その他 |  2020.7.10

リストグループ、ホテル事業に参入

IoT活用で無人運営を実現

住宅 |  2020.6.9
インタビュー |  2020.4.21

組積造の一般化を目指す 災害に強く200年持つ住宅を

太陽エコブロックス 石井克侑 社長