リビタ、社宅・社員寮を国際学生寮・シェアハウスにリノベ

国際交流促す仕組みを付加価値に

  


リビタは東京で社宅・社員寮をリノベーションし、国際学生寮とシェアハウスに蘇らせた。留学生、シェアハウス入居者、地域住民による国際交流を促す仕組みなどを付加価値として展開、運営していく。国際学生寮については、大学が設置を積極化させており、今後も提案を強化していきたい考え。

リビタは東京都調布市でNTT東日本の築39年の社宅を首都大学東京の国際学生寮「グローバルハウス調布」(96室)に、築42年の独身寮をシェアハウス「シェアプレイス調布多摩川」(85室)にリノベーションし、入居者の募集を開始した。入居者同士の交流を促す仕組みをふんだんに盛り込み付加価値としていく。

「グローバルハウス調布」では1階部分の2住戸を繋げ、入居者同士の交流を促す共有部「シェアラウンジ」「シェアキッチン」を設置。シェアラウンジについては、「和」「知」という2つのテーマでデザインした。「和」では小上がりの和室を設置。「知」では壁面にシェア書棚を設置し、入居者がオススメの本を置いて共有できるようにした。

今後、リビタ、首都大学東京、留学生と同居するRA(レジデンスアシスタント)の日本人学生で定期的に会議を開き、共有部での語学教室や料理教室などのイベントも企画していく。

「シェアプレイス調布多摩川」では、1階に外と繋がりを持たせた開放感のある「シェアラウンジ」、2階にパーティー、イベント、セミナーなどに利⽤できる予約制の「セカンドラウンジ」を設けている。加えて、エントランス横の屋外の空間に全⻑10メートルの「ビッグテーブル」を設置。シェアハウスの入居者だけでなく国際学生寮の入居者も利用できるようにし、シェアハウスと国際学生寮による国際交流も促す仕組みとしている。

さらに、地域住民にも開放するスペース「街かど広場」を敷地内に導入。日常的に地域住民の散歩コースなどとして活用してもらうとともに、屋外シアターや、マルシェなどのイベントも開催し、入居者と地域住民が交流できる機会も創出していく。

「シェアラウンジ」などを通じて、入居者の交流を促す。写真は「和」をテーマにデザインしたラウンジ。奥には小上がりの和室を導入
エントランス横の屋外の空間に全⻑10mの「ビッグテーブル」を設置。シェアハウスと国際学生寮の入居者の国際交流も促す

大学の学生寮を通じた国際化ニーズをとらえる

今後、リビタは国際学生寮の提案に特に力を入れていきたい考えだ。少子化による学生数の減少で以前より経営が厳しくなってきているため、大学のなかには留学生との交流を付加価値として打ち出し学生を集めようとするところが増えている。留学生との交流を行う場所のひとつとして、国際学生寮の設置を強化する動きが活発化しているため、リビタはこうしたニーズをとらえていきたい考えだ。同社以外にも不動産デベロッパーなどが昨年あたりから、国際学生寮事業に参入する動きを活発化させている。競争が激しくなってきているだけに、リビタはこれまで培ってきたコミュニティ醸成のノウハウを強みとして提案していく。

住まいの最新ニュース