不動産 |  2017.7.28

戸建の買取再販事業が活発化の兆し

住宅業界内外から新参入の動き、業務提携などの連携も相次ぐ

戸建買取再販事業 が活発化の兆しを見せている。不動産デベロッパー大手の大京が新規参入し、インテリア業界からはニトリが戸建買取再販事業を行うカチタスに大きな出資を行い、業務提携を結んだ。リビタもYKK APと協働し、リノベーションで省エネ・耐震性能を向上させた物件の提供に向け、検討を始めた。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目