住宅 |  2017.6.9

ミサワホーム総合研究所 子どもの成長に合わせた学び空間の効果検証

「ホームコモンズ設計」のさらなる進化へ

ミサワホームでは、子どもの成長段階に合わせ、住まいに学びの空間を設ける「ホームコモンズ設計」を提案し、自社の住宅商品に展開してきた。「ホームコモンズ設計」が家族に与える影響についても行動観察によって検証。効果を確認している。

年を重ねるに従い家族の生活は変化する。とくに子どもは成長するにつれてダイナミックに変わる。そうしたなか、ミサワホームでは2012年に子どもの成長段階に合わせ、住まいに学びの空間を設定する「ホームコモンズ設計」を開発。子育て世帯などに向け提案してきた。

「学生の学習を支援し、学びを支える空間づくりの研究をしている東京大学大学院の山内祐平教授の監修のもと、子どもの成長ステージと住まいの学習環境の設計手法としてホームコモンズ設計を開発し、商品にも取り入れてきた」(ミサワホーム総合研究所 フューチャーセンター市場企画室 室長 IoTホーム認証検討プロジェクト 兼 事業企画室 富田晃夫氏)としている。

子どもの成長段階に応じ4つの学び空間を設定

「ホームコモンズ設計」では、従来の子ども部屋とは異なり、乳児期、幼児期、児童期、青少年期の4つの成長段階において、それぞれに合った学びの空間「プレイサイト」(0~1歳)、「トークサイト」(2~6歳)、「ホームワークコーナー」(7~12歳)、「ホームコモンズ」(13~21歳)を住まいに設定する。

「プレイサイト」はどこからでも見通せるリビングに設ける遊び場だ。乳児が自由に身体を動かせ、親子のスキンシップが図れる。

「トークサイト」では母親の目が届くキッチンの前に幼児期の学びの場を設定した。子どもの質問にすぐに答えることができ、料理を通して子どもの想像力を伸ばすのが狙いだ。

「ホームワークコーナー」ではダイニングの一角に机を設ける。机を壁に向けることで児童期の子どもの集中力を育む。

親はそんな子どもの様子を見守ることができ、必要な時はいつでも声をかけられる。

「ホームコモンズ」は子ども部屋とは別に設ける青少年期の学びの空間。リビングなどのそばに設置することで子どもが部屋に引きこもることがない。親が利用する机も設置することで親の学ぶ姿を子どもに見せられる。

家庭での学習は家族との対話が重要になる。空間設計を通して、子どものコミュニケーション能力や個性を伸ばし、想像力や思考力を高めるのが「ホームコモンズ設計」の狙いだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目