建材 |  2017.4.28

ケイミュー、主力の窯業系サイディングを一新

意匠性やセルフクリーニング機能がさらに向上

ケイミューは、主力の窯業系サイディングを一新。光触媒の特性により優れたセルフクリーニング機能を発揮する光セラシリーズと、親水機能による汚れ分解機能を付与した親水セラシリーズのブランドの統一化を図り、新生「光触媒の壁 光セラ」シリーズとして販売を開始した。


主力の窯業系サイディング「光セラ」「親水セラ」の2商品を統合し、新生「光触媒の壁 光セラ」として販売を開始した。リニューアルにあたり、それぞれ製品の意匠性やセルフクリーニング機能などの向上も図った。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目