旭ファイバーグラス 環境配慮型グラスウール断熱材の販売強化へ

発売開始10周年の実績をアピール


旭ファイバーグラスが販売する高性能グラスウール断熱材、アクリアシリーズが発売開始から10周年を迎えた。業界初のノンホルムアルデヒド化を実現した商品として環境性能への意識が高く、高性能住宅づくりに取り組む住宅事業者から高い支持を集めている。10周年という実績をアピールしさらなる販売強化を図りたい考え。

同社は2007年4月に、業界初となるノンホルムアルデヒド化を実現した高性能グラスウール断熱材、アクリアシリーズの販売を開始した。居住者の健康・安全に配慮し、グラスウール繊維同士を接着する材料を見直すことで、シックハウス症候群の原因物質のひとつであるホルムアルデヒドを原材料に一切含まないグラスウール断熱材の開発に成功した。

優れた断熱性能も付与した。グラスウール断熱材は、細いガラス繊維が絡み合い多くの静止空気層をつくることで断熱性能を発揮する。つまり、静止空気層が多いほど断熱性能も高くなる。限られた厚さの中でより多くの静止空気層をつくり出すためには、ガラス繊維を細くしていく必要がある。一般のグラスウールに比べて繊維が細いこともアクリアシリーズの特長だ。2014年には、同社独自の技術で世界初と(住宅用グラスウール断熱材(成形品)として。2014年7月1日発売時。同社調べ)なる約3ミクロンの超細繊維をつくり出すことに成功。住宅用グラスウール断熱材として世界最高水準となる熱伝導率0.032(W/m・K)を実現し「アクリアα」として発売した。住宅の省エネルギー基準において北海道などの寒冷地で壁・床に要求される断熱性能を標準的な柱厚105mmと同じ厚みで達成できる唯一のグラスウール断熱材となる。さらに、アクリアシリーズでは、壁用だけでなく、床用、天井用それぞれの部位に対応したラインナップも揃えている。

住宅性能のさらなる高断熱化が求められる中で多くの住宅事業者がZEHなどの高性能な住宅づくりを活発化している。ZEHの断熱基準を上回るHEAT20などを視野に入れ、さらに高いレベルの住宅づくりを目指す工務店も増えてきている。こうした中で同社では「ZEHなどの断熱基準に対応するアクリアシリーズの仕様例や、外皮性能計算ソフトなども用意している。工務店の高性能住宅づくりをサポートし、住宅の省エネ化、高断熱化を促していきたい」としている。

独自技術で世界でも類のない細さ3ミクロン台の繊維をつくり出したアクリアα
施工研修会を通じて、適正な断熱施工技術の普及にも務める

適正な断熱施工技術と高断熱住宅の普及へ 研修会を開催

工務店向けのグラスウール断熱材の施工研修会などを開催し、適正な断熱施工技術の普及に向けた取り組みも強化している。「断熱材施工の基礎の座学から、建設現場での実地研修まで、要望に応じて柔軟に講習の内容も変えていく。また、ZEHなど高断熱住宅についての勉強会なども実施し、年間500回ほどの講習会を開催する予定。こうした機会を通じて、10年間の販売実績のあるアクリアシリーズを改めてアピールし、さらなるシェア拡大につなげていきたい」(同社)考えだ。


関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです