2020.11.27

笹井恵里子「室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる」

「冬の室内温度は18度以上に」。WHO(世界保健機関)が健康の観点から、このように勧告している。「健康」は住環境に大きく影響を受けている。実際、「室温を2度上げると健康寿命が4歳のびる」という研究結果や、「室温を5度上げると脳神経が10歳若くなる」という研究結果がある。本書は最新のエビデンスをもとに「健康を守る家」「健康寿命をのばす家」について考え、運動や食事だけでは実現できない、新しい健康のあり方を提案している。

室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる

著者:笹井恵里子
価格:858円(消費税込)
発行:光文社

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事