【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2022.6.6

LIXIL、外付け日よけを八王子の保育園に贈呈

LIXILが、「窓からECOシェアプロジェクト」の一環として、八王子市立子安保育園いずみの森分園で外付日よけ「スタイルシェード」贈呈式を行った。

「窓からECOシェアプロジェクト」は、気候変動の緩和につながるエコ商品を広く普及させながら、気候変動適応策として子どもたちの室内熱中症予防を行うという“気候変動の緩和と適応”策の両面を啓発・推進する活動。具体的には、顧客が住宅の新築・リフォームの際に断熱性能の高い窓や玄関ドアを採用した場合、というその売上金の一部で、保育園や幼稚園などに外付日よけ「スタイルシェード」を寄付・設置する。

2019年から開始し、今年で4年目となる。2021〜2022年は各県1施設、計15施設へ寄付を予定している。

今回の八王子市立子安保育園いずみの森分園には、計12台の「スタイルシェード」を贈呈した。5月26日には、その贈呈式を開催。贈呈式には、石森孝志・八王子市長、LIXIL LHT 東京支社の大塚勇次支社長のほか、賛同企業の大谷硝子店、青梅トーヨー什器、イチロトーヨー什器と園児たちが参加した。

石森八王子市長は、「園の窓は日当たりのいい南向きで、夏は暑くなりやすかった。スタイルシェードの設置でより快適な保育環境にすることができる。子どもたちが環境問題に興味を持つきっかけになればいい」と感謝の言葉を述べた。園児は、再生紙で作った花束を渡し、お礼のダンスを披露した。

園児たちとスタイルシェードの前で記念撮影
石森八王子市長から感謝状を受け取った大塚支社長

関連記事