2021.5.21

旭化成建材 温熱を深く解説する「ネオマアカデミー」を6月から開講

住まいづくりにおいて温熱の重要性を解説するオンラインセミナー「ネオマアカデミー」を6月から定期開催する。高気密・高断熱住宅の設計、施工手法、住まい手への高気密・高断熱の上手な伝え方、高性能住宅の暮らしやメリットなど、温熱に関するさまざまな情報を同社ならではの独自視点を交えながら、住宅事業者に向けて発信していく。

第1回は新木造住宅技術研究協議会代表理事で、室蘭工業大学名誉教授の鎌田紀彦氏が「暖房負荷から考える外皮設計の作法」をテーマに、暖房負荷、日射熱取得、部位別の断熱強化の効果など、本当に必要な検討項目等を解説する。日時は6月8日(火)16:00~17:30。

参加申し込みは、下記URLから。
https://pages.asahikasei-kenzai.com/20210608-NEOMAACADEMY-01_input.html

なお、第2回は、近畿大学建築学部非常勤講師で、(株)住宅みちしるべ代表の太田周彰氏が「消費者は知っている!WEB時代に求められる必須断熱とその知識」をテーマに講演する。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.621(2021年11号)

特集:

ストック市場拡大の起爆剤になるか

中古マンションの買取再販市場が拡大している。
「リノベーション」への認知度が高まり、中古住宅の「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスイメージが払しょくされ、昨今の新築マンションでは求めにくい、消費者の“値ごろ感”や“住みたいエリア”へのニーズに対応できるためだ。
それに伴い新規参入が後を絶たない。中古マンションの買取再販市場の最前線を追った。

目次を見る