2021.5.11

鶴弥、陶板屋根材をリニューアル

粘土瓦最大手の鶴弥が、陶板屋根材「スーパートライ 美軽」をリニューアルし、6月21日から発売を開始する。

、陶板屋根材「スーパートライ 美軽」をリニューアル

「スーパートライ 美軽」は、陶器瓦の素材、耐久性、高級感はそのままに、陶板を中空構造とすることで、軽量化を図った屋根材。重量は24.9㎏/㎡と古い土葺き工法と比べ25%の軽さとなっている。

今回のリニューアルでは、中空構造はそのままに重厚感を感じる本体形状を一新した。また、横の継ぎ目が目立たないアンダージョイント工法を採用し、スマートな高級感を演出する。

施工面では、下地のEPSマットと固定金具を不要とし、省施工化を図った。

価格は本体設計価格で㎡当たり13,000円(切妻)~。受注生産。
https://www.try110.com/

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.621(2021年11号)

特集:

ストック市場拡大の起爆剤になるか

中古マンションの買取再販市場が拡大している。
「リノベーション」への認知度が高まり、中古住宅の「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスイメージが払しょくされ、昨今の新築マンションでは求めにくい、消費者の“値ごろ感”や“住みたいエリア”へのニーズに対応できるためだ。
それに伴い新規参入が後を絶たない。中古マンションの買取再販市場の最前線を追った。

目次を見る

関連記事