お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.3.11

CLUE、「ドローン×ブランディング」オンラインセミナーを開催

CLUE(東京都品川区、阿部亮介代表取締役)は、ブランディングテクノロジー(東京都渋谷区、木村裕紀代表取締役社長)と「ドローン×ブランディングで集客力倍増セミナー」と題し、2021年3月17日(水)17:00 ~ 18:00にオンラインセミナーを開催する。

このセミナーは、「ドローン×屋根外壁」で集客から点検・提案までワンストップで行えるサービスを提供するCLUEが、地域一番店が実践している手厚いOBフォローの仕組みや新規顧客の獲得手法を解説。また、工務店の集客・ブランディングをサポートするブランディングテクノロジーが、ホームページを起点としたブランディングにより集客を加速させる手法を事例を元に解説する内容となっている。

DXに興味はあるが敷居が高いと思っている、安定した集客数を確保したい、新築案件数が減っており次の一手を探している、他社と差別化したい、といった住宅事業者などに参加を促したい考えだ。

参加は無料で、申し込み後にZoomを用いたオンライン視聴用URLがメールで送られてくる形となっている。

詳細、申し込みは下記より。
https://bit.ly/3esrPPx

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事