2021.2.22

スタイルポート、マンションギャラリーに等身大VR内覧システムを初提供

リアルな空間イメージでマンション営業をサポート

スタイルポートは、マンションギャラリーの壁に実物大の画面を投影して間取りを体験できるVR内覧システムを初めて提供した。


スタイルポートは、VR内覧システム「ROOV walk」の画面を実物大で壁に投影するシステムを、2月にグランドオープンした日鉄興和不動産のマンションギャラリー「リビオレゾン横濱ギャラリー」に初提供した。

「ROOV walk」はVRを活用した不動産販売支援ソリューション。パソコンやスマートフォンで手軽に物件を内覧できる3DCGビュワーだ。インテリアサンプル表示やカラーセレクト、採寸、家具シミュレーションなどの店頭接客支援に加え、マイページの発行や行動解析機能などを持ち、ユーザー再訪時の決定率向上に大きく寄与する。マンションギャラリー内の壁に等身大で投影する試みは今回が初めてだ。

日鉄興和不動産の「リビオレゾン横濱関内」は関内駅から徒歩5分の都市型コンパクトマンション。全39戸のなかに1LDK、2LDK、3LDKのバリエーションを持つ。平米数は小さめだがその分価格を抑えており、立地の良さからファミリー層だけでなく単身者からの反響もあるという。

「ROOV walk」の画像を壁に投影し居住空間のイメージを再現

横濱ギャラリーでは通常のモデルルームも用意しているが、モデルルーム以外の間取りを希望するユーザーへより具体的に空間のイメージを伝えるために、VR技術を用いた体感型モデルルームを用意した。通常のモデルルームでは設備などのディティールを確認してもらい、別室の体感型VRモデルルームで実際に住むイメージをリアルに体感してほしいという。実際に住むイメージを具体的に持ってもらうことで、購入判断を早めることを目的としている。

体感型VRモデルルームでは、来場したユーザーが希望する部屋のイメージを「ROOV walk」を通してギャラリー内の壁に大画面で投影、また床面にはプロジェクションマッピング(他社製)で、家具やインテリアを等身大サイズで再現し投影できる。

あらかじめ家具の大きさなどを伝えておけば、ユーザーが実際に使っているソファなどの画像を「ROOV walk」の画面内に取り込むことも可能だ。居住空間をリアルに体験し、空間イメージを把握しやすい新感覚のモデルルームを実現した。

日鉄興和不動産は、既存の「リビオレゾン松戸ギャラリー」でも「ROOV walk」のシステムを導入している。

実際に使っているソファを置いたイメージも「ROOV walk」内で確認できる
「リビオレゾン横濱ギャラリー」アクセス

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.615(2021年4号)

特集:

中古住宅流通量増で期待度上昇

「中古マンションを購入してリノベーション」ということが住まいの選択肢の一つとして定着する一方で、戸建住宅のリノベーションについては、ニーズはあるものの工事の難しさ、性能の確保、コストアップなどのハードルも多く普及には至っていない。しかしここにきて建材メーカーなどが中心となり戸建住宅の性能向上リノベーションを支援する動きが活発化している。日本では戸建住宅の方がマンションよりもストック数は多く、新築市場が縮小していく中で有望市場であることは間違いない。戸建リノベの収益化に向け、どのようなアプローチが有効なのか。トップランナーの事業者の動きからヒントが見えてくる。

目次を見る

関連記事