SHO-SAN、工務店のホームページを無料でリニューアル

より集客に結びつくWebサイトに

SHO-SAN(東京都国分寺市、高谷一起社長)は、Web制作事業を行うCurious(東京都目黒区、吉沢隼社長)と、工務店を対象に抽選で1社、Webサイトを無料で制作するキャンペーンを行う。

SHO-SANでは、工務店を対象としたマーケティング戦略に関するコンサルティング業務を展開している。また、Curiousは、ブランディングやWebデザインを強みとしている。この両社がお互いの強みを活かして、運用コストを削減しつつ、工務店のホームページをより効果的な集客機能を発揮するものへとリニューアルする。

新型コロナウイルスの影響で工務店業界でもWEB集客やオンライン集客の必要性がますます高まっている。こうした現状を踏まえてSHO-SANでは、「圧倒的に成果のでるホームページに関するノウハウをより多くの工務店に広げ、集客改善に繋げられれば」という考えから今回のキャンペーンを企画したという。

ホームページはWeb集客の根幹であり、工務店の平均的なホームページ反響率を0.1%から0.2%に上げるだけで反響が倍になる。

キャンペーン期間は2020年7月9日(木)10:00から2020年7月24日23:59まで。

エントリーした企業の中から抽選により1社(1名)限定で、コーポレートサイトなどの Webサイトを無料で制作する。また、抽選に外れた企業へは、通常の見積もり価格より値引きを行う。

エントリー参加方法は下記エントリーフォームより。

当選した企業へは担当者より7/27(月)からメールで当選の通知を行う。

エントリーフォーム:https://forms.gle/tirM5h1AQaR32RKU7

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.619(2021年8・9号)

特集:

パンデミック後の住産業

コロナ感染拡大の第一波から1年が過ぎた。
特に緊急事態宣言下で、仕事や暮らしが一定の制限を受け、社会そのものが大きく変わらざるを得ない状況が続いている。
こうした変化を受け、住生活でも大きな変化が起こり、新たなニーズが生まれている。
パンデミックで何が変わり、何が変わらないのか。
この一年の変化と、これからを探った。

目次を見る

関連記事