住宅 |  2020.6.2

アキュラホーム 独自開発の耐力壁、実証実験を生配信

5706組が視聴、性能の高さなどを訴求

アキュラホームは、独自に開発した壁倍率15倍の耐力壁「トリプルストロングウォール」の強さを証明するための実証実験を実施、その様子をオンラインで生配信した。

アキュラホームが開発した「トリプルストロングウォール」は、壁倍率15倍という強度を備えており、1枚の壁で一般的な木造住宅の耐力壁7枚以上の強さを備えている。この耐力壁を採用することで、耐力壁の数を減らすことができるため、より開放的な空間を実現できる。

同社では、この耐力壁を活用した新世代木造SE「大空間の家」の販売を開始しており、新型コロナウイルス感染症の影響もあり自宅で過ごす時間が増えるなか、より開放的な空間で充実した“おうち時間”をすごすことができるという点を訴求している。

また、優れた性能を備えているだけでなく、1000万円台から購入できるというコストメリットのよさも魅力のひとつとなっている。同社の宮沢俊哉社長も「木造住宅の耐力を高めていくための技術は以前にもあったが、どうしてもコスト増につながる。『大空間の家』は、普及価格帯で性能向上と大空間を実現している」としている。

アキュラホームでは、「トリプルストロングウォール」の強さをより分かりやすく消費者に伝えるために、耐力壁の実証実験を技術研究所で実施。その様子をオンラインでライブ配信し、全国で5706組が視聴した。SNSの「いいね」のような挙手機能では、最大3200を超える反響があったという。

実証実験では、一般的な耐力壁6枚と「トリプルストロングウォール」1枚を、重機を用いて引っ張ることで、視覚的に強さの違いが分かるように配慮。実験の結果、一般的な耐力壁が約61kNの力で破壊されたのに対して、「トリプルストロングウォール」は約81kNの力が加えられた段階で壊れた。これによって、「トリプルストロングウォール」が一般的な耐力壁6枚以上の耐力を持つことが分かった。

この様子を約1時間かけてライブ配信し、お笑い芸人のU字工事も交えながら、一般消費者が楽しみながら視聴できるようにした。

宮沢社長は、「今回の新型コロナの影響もあり、オンラインを活用することで、これまでにはない営業活動を行えることが分かってきた」としており、今後のオンライン配信を用いた事業展開に期待を寄せている。

重機で耐力壁を引っ張ることで耐力の違いを実験する様子
重機で耐力壁を引っ張ることで耐力の違いを実験

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.602(2020年13号)

特集:

エリアマネジメントが鍵に

新型コロナ禍で広がったテレワーク。
このテレワークが住まい手の居住するエリアの昼間人口を押し上げ、“地元”に目を向ける動きが出ている。完全テレワークとなれば、通勤を意識せず、好きな場所で暮らすというケースも増えるが、それはまだまだ先の話だ。
ただ、確実にテレワークを業務形態の一部として組み込む企業は増加。
テレワークをすると、“地元”への滞在時間が長くなるというのは今回のコロナで実証済みだ。
一方で、ランチ難民などの言葉も生まれた。
エリアマネジメントを通じて、“地元”を活性化する、街づくりのヒントを探る。

目次を見る