2020.5.14

セキスイハイム、ZEH比率が80%に

エネルギー自給自足型住宅も3万棟を突破

積水化学工業・住宅カンパニーは、2019年度の新築戸建住宅のZEH比率が80%(北海道除く)となり、当初目標の60%を大きく上回った。

同社では、かねてよりZEH比率の向上に取り組んでおり、2018年度のZEH比率は73%であった。2019年度はさらに比率が伸長し、80%に達した。当初、2019年度に60%という目標を掲げており、想定以上のスピードでZEH化が進んでいる。なお、2020年度における国のZEH比率の目標値は50%となっている。

エネルギー自給自足型住宅
エネルギー自給自足型住宅

また、大容量の太陽光発電と蓄電池を搭載することでエネルギー自給自足を可能にした「エネルギー自給自足型住宅」も2020年3月末現在で3万棟を突破している。

今後もZEHとあわせて「エネルギー自給自足型住宅」のさらなる普及にも取り組んでいく方針だ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.612(2021年1号)

特集:

市場拡大の鍵
戸建、賃貸、マンション、リフォーム、既存住宅流通、移住・住替え…

2021年の幕が上がった。
コロナ一色であったといっていい2020年を経て、新たな年はどのような一年になるのだろうか。
人口減少、少子・高齢化、環境対策への強い要請など社会的な環境変化に加え、新型コロナウイルスの蔓延は住生活産業に劇的な変化を促そうとしている。
新設住宅着工はいよいよ70万戸時代に突入しそうで、新築をベースとした市場はその姿を大きく変えつつあり、既存住宅の取引量が増大している。
また、東京一極集中にストップがかかり、郊外への移住が顕在化し始めた。
一方、環境対策や自然災害対策などにより、省エネや耐震など住宅の性能向上はこれまで以上に強く求められそうだ。
特に空き家問題も踏まえ、既存住宅の利活用、更新が大きな課題となっている。
戸建からマンション、既存住宅流通、移住住替え、省エネや災害対策など、成長の鍵はどこにあるのか──。

目次を見る

関連記事