横浜市、NTTドコモ、and factoryは、共同でスタートさせた「未来の家プロジェクト」の第2回目の実証実験を開始した。新たな参加企業も加わり、住むだけで健康になる住まいを具体化していく。

「未来の家プロジェクト」は、「I・TOP横浜」内のプロジェクトとして、横浜市、NTTドコモ、and factoryが共同で2017年6月に発足させたもの。その他にも相鉄グループ、富士通なども参画している。「I・TOP横浜」とは、横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoTなどを活用したビジネスの創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成などを包括的に進めていくプラットフォーム。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目