【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

LINEとつながりより濃密な顧客接点を 住宅ビジネスで“使える機能”も満載

ワークスモバイルジャパン「LINE WORKS」

住宅業界でもLINEを活用して、様々なビジネスコミュニケーションをとることが増えている。
もしLINEのような感覚でコミュニケーションを図り、なおかつデータやスケジュールの共有といったビジネスに役立つ機能が使えたら―。そういう要望に応えるものが、ワークスモバイルジャパンが提供している「LINE WORKS」だ。

活用事例集のダウンロードはこちら

LINEのような使いやすさでビジネスチャットを未読者の確認も可能

見慣れた画面と機能で誰でもすぐにチャットがはじめられ、1000 種類以上の豊富なスタンプも利用可能。 LINE ではできないメッセージの既読/ 未読メンバーの確認も可能で、情報伝達の漏れを防止。
音声通話だけでなく、複数人によるオンライン打ち合わせもできる。

見込み客や協力事業者も抵抗なく使えるトーク機能

ワークスモバイルジャパンは、LINE社とは兄弟会社にあたるが、LINEとは完全に分離されたプラットフォームを利用している。「LINE WORKS」のデータセンターは国内にあり、ビジネスに必要なセキュリティ認証も取得している。

「LINE WORKS」は、コロナ禍の影響もあり急激に利用者が増えており、既に25万社以上で導入されている。有料版ユーザーのうち建設・不動産関連の会社が28・6%を占めている。

「LINE WORKS」の大きな特徴が、LINEとつながる点だろう。

「LINE WORKS」であれば、相手がLINEを使っていれば、相手は新たにアプリなどをダウンロードすることなく、コミュニケーションを図ることができる。

そのため、例えば営業の場面であれば、より早い段階で顧客とのコミュニケーションを図りやすくなり、受注機会の創出へとつながる。顧客にとってもLINEによるコミュニケーションに慣れていることが多く、抵抗感も少ないだろう。

名刺にQRコードを貼り付け、顧客とのファーストコンタクトの段階でそれを読み取ってもらい、その後はLINEを通じて提案活動を行う事例もあるそうだ。

一方、施工を行う協力事業者の利用も促しやすい。施工管理アプリなどの新たなシステムを導入する際、障壁になるのが協力事業者の理解を得ること。協力事業者に使ってもらえずに、システム導入を諦めてしまったというケースも多い。

しかしLINEであれば、協力事業者もプライベートで使い慣れており、既に仕事で使っているケースが多いだろう。それだけに理解を得られやすいというわけだ。

また、「LINE WORKS」はLINEを踏襲した作りになっているため、初めて使用する場合も直感的に使いこなせる。そのため、協力事業者に「LINE WORKS」の利用を求める場合であっても、それほど抵抗感なく使いはじめることができる。この点は住宅事業者がデジタルツールを導入するうえで、大きなメリットになるはずだ。


プロジェクト情報を1カ所に集約 外出先での確認もスムーズ

LINEと同様にグループを作成することが可能。3つの機能でプロジェクト情報を現場で整理できる。

ノート

トークでは流れてしまうプロジェクトの重要連絡やテンプレートを使って日報等を書き留めれられる。

フォルダ

プロジェクトの写真やファイルを保存可能。最新のファイルを確認できる。

予定(カレンダー)

グループ専用のカレンダー。プロジェクトの工程、資材発注、定例打合せなど、メンバー内に共通する予定を登録できる。

「ホーム」を社内の伝言板に 簡単操作で未読者へ再通知も

社内のお知らせから共有したい安全対策など、ホームで発信・確認。ちょっとしたスキマ時間にも社内情報が確認できるため、直行直帰も可能に。未読者への再通知で情報の周知徹底を。

充実のビジネス機能
データやスケジュールの管理も

「LINE WORKS」のトーク機能では、通常のLINEのように無料電話がかけられるだけでなく、複数の参加者によるテレビ電話も可能だ。リモート会議なども行える。2GBまでなら写真や動画などのデータを送信することもでき、データ容量が大きい図面なども送信できる。

「LINE WORKS」では、どのメンバーがメッセージを既読し、だれが未読なのかを把握できる。

LINEの場合、未読・既読メンバーの数は分かるが、誰が未読なのかは把握できない。「LINE WORKS」は未読のメンバーを把握できるため、情報伝達の漏れなどを防ぐことができる。
それ以外にもビジネスに役立つ機能を備えている。クラウド上にプロジェクトに関する資料を保存し、「LINE WORKS」から閲覧できるだけでなく、重要連絡や日報などを書き留めるノート機能もある。

また、メンバーの予定表を共有し、プロジェクトの進捗状況などを把握することも可能だ。
メンバーの空き時間を見ながら打ち合わせの日程を決めたり、会議室や社内設備、さらには車両などの空き状況を確認し、使用予約を入れるといった機能も用意されている。

ホームという機能では、社内のお知らせや安全対策などを発信できる。

社内の掲示板のような役割を果たすだけでなく、メッセージの未読者へ再通知を行う機能もあり、ちょっとした空き時間などにホームを確認すれば、社内情報を確実に共有できる仕組みだ。

協力事業者などと、より多くの機能を共有するためには、協力事業者も「LINE WORKS」を利用する必要がある。「LINE WORKS」には無料版もあり、協力事業者は無料版から始めることもできる。

外部システムとの連携で機能追加も

外部システムと連携させることで、必要な機能を追加できる点も特徴のひとつだ。

例えば、弁護士ドットコムのクラウドサインと連携させると、電子契約の進捗状況を「LINE WORKS」に知らせることができる。Dropboxと連携すれば、LINE WORKSのトークから直接Dropbox内のファイルを共有できる。Dropbox内のファイルをリンクで共有するため、LINE WORKSの共有ストレージを消費しないのも魅力だ。

建築業界に特化したシステムとも連携している。例えば、システムサポートの「建て役者」に登録されている顧客情報などを「LINE WORKS」で確認できるようになる。

現在、100以上のシステムと連携できる。

コミュニケーションツールとしては、圧倒的な知名度と使用者数を誇るLINEとつながり、なおかつ同じような感覚で使用できる「LINE WORKS」。

その一方でビジネスに必要な機能も備えているだけでなく、他社のシステムとの連携も図れる。住宅業界においても、あらゆるビジネスコミュニケーションを円滑化し、業務の効率化だけでなく、売上の増加に貢献するツールとして、その存在感を強めることになりそうだ。


メンバーの予定が一目で分かる 設備、車両などの予約状況も確認

メンバーの最新のスケジュールをいつでもどこでもスマホやPC で確認可能。会議室や設備( 重機、車等) を確認したり、予約できる。

システム連携で機能追加 他社の施工管理システムなどとも連動

他社のシステムと連携することで、機能を追加することが可能。施工管理システムや、建築業界向けのシステムとも連携している。

ワークスモバイルジャパン株式会社
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-5-8
神宮前タワービルディング 11F​
https://line.worksmobile.com/jp/

関連記事