お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

パース図の作成から設計支援、さらに共同仕入までを強力サポート「IT導入補助金パッケージ」

住宅ソリューションズ株式会社

IT導入補助金の対象ツールなどをパッケージ化

住宅ソリューションズでは、IT導入補助金の対象となるパッケージを用意している。その構成は、Walk in home Standard、みつもりValue、初期操作教育などがパッケージ化されている。

Walk in home Standardは、専門的なCADに関する知識がなくても使えるプレゼンCADシステムだ。営業担当者であっても、顧客の住宅ニーズをヒアリングし、その結果をふまえた高品質の3Dパースを作成することが可能だ。そのため、営業効率の向上や提案力の強化を図ることができる。

作成した3Dパース図をもとに必要となる資材の数量などを自動で拾い出す機能も備えており、プラン提案後の見積りの作成なども効率化できる。

「みつもりValue」は、Walk in home Standardで自動で拾い出した数量をもとに概算見積りを作成するものだ。あらかじめ自社の仕様や単価などを入力しておけば、オートマチックに概算見積りを作成することができ、日常業務の手間を大幅に削減することができるというわけだ。さらには、仕様書や発注書も連動する。

初期操作教育もパッケージの中に含まれている。

同社によると、「ツールを導入しても、やはり初期段階で使いこなすまでに壁を感じてしまい、その機能を最大限に生かし切れないケースがあります。そのため、導入初期段階で操作方法などを習得してもらい、その後のお問い合わせなどにもきめ細かく対応するようにしています」という。

なお、実施設計までの機能を搭載した「Walk in home Professional + みつもりValueパッケージ」もIT導入補助金の対象となる。

住宅ソリューションズのIT導入補助金パッケージ

入力はさくっと
なのに
パースはすごくきれい

新開発のCAD エンジンでとにかく快適な操作感。思いのまま入力を進めれば瞬時にパース立ち上げ。

拾いはCADのしごと
だから
見積書も発注書もはやい

いつもの拾い出し数量はCAD から連動。具体的な仕様や商品は見積りを作りながら決定。忙しい時は概算見積り、そして仕様書や発注書も連動。

※なお、実施設計までの機能を搭載した「Walk in home Professional + みつもりValue パッケージ」もIT 導入補助金の対象となる。

住宅ソリューションズの設計サポートサービス

確認申請の標準的な役割分担とアウトソーシングを提案。
★邸別に共通すること/ 異なることを整理(階数、矩計、仕様、工程、標準詳細など)
★電子申請をはじめ、システム化やルール化による生産性向上を提案
★必要に応じて建材や仕様を提案(省力化、価格メリット、省エネ性能、差別化商材など)

設計サポートの価格

設計業務のアウトソーシング化もサポート

ITツールだけでなく、設計サポートサービスも提供している。業務の効率化を進めるうえで、多くの工務店が悩む部分のひとつが設計部門だろう。内製化している場合、特定の設計担当者に業務が集中してしまうことがあり、結果として業務効率が低下する懸念があるだけでなく、働き方改革という点でも是正すべき問題になっていることがある。

アウトソーシングしている企業の場合でも、付き合いのある設計士の手が空いていないといった事態が発生すると、その後の業務に多大な支障をきたしてしまう。

安定的に設計のアウトソーシング化を図ることができれば、業務の効率化、さらには働き方改革という点でも大きな一歩になるはずだ。
同社では、安定的に設計サポートを提供できる体制を整えているだけでなく、様々な要望に柔軟に対応することができる。

具体的には、打ち合わせ用トレース、契約図トレース・簡易法規チェック、確認申請代行といった業務をサポートしており、利用者の状況に応じてこれらのサービスメニューを選択できるようにしているのだ。

加えて、電子申請をはじめ、システム化やルール化による生産性向上、省エネ建材の提案といった相談にも応じている。 

「HS共同仕入」というサービスも展開している。とくに中小の工務店の場合、一社のみでは調達量が少なく、スケールメリットを生かした調達を行う大手企業と同等の調達力を獲得することが難しいケースが多い。

そこで、同社では中小の工務店が一緒に調達を行うことで、大手にも負けない調達力を獲得するためのプラットフォームを構築した。それが「HS共同仕入」だ。

北海道から石垣島まで、全国の工務店や設計事務所など3000社がすでに登録しており、新築30000棟を超えるスケールメリットを発揮している。そのため、通常で調達するよりも割安な値段で建材や設備を仕入れることができる。

しかも、入会費用などの初期費用は一切かからない(住宅ソリューションズと提携している団体などに所属していることが要件)。

取扱商品は、キッチンやシステムバス、洗面化粧台、トイレといった水回り設備から、太陽光発電、LED照明、各種給湯器、プレカット、屋根・外壁工事、さらには地盤保証などのソフトサービスまでを取り揃えている。おおよそ一棟分の建材・設備は調達できるという。

オリジナルキッチンなども販売しており、いずれも割安な値段で販売している。

オリジナル商品のひとつである自由度の高いセミオーダーキッチンTHINKA(シンカ)Ⅱは、L型Ⅱ列型など幅広い間取りに対応する。そのほかにも、無垢の木のキッチン「mucu(ムク)」、セレクト収納キャビネット「SHUNOU」などのオリジナル商品を取り揃えている。

今後、先述した「みつもりValue」と「HS共同仕入」を連動させることなども検討しようとしている。

営業段階でのプレゼンツール、概算見積りの自動化、設計のアウトソーシング、そして共同仕入といったソリューションがつながることで、効率化だけでなく競争力の強化も図れるサービスとなりそうだ。

住宅ソリューションズが共同仕入で提案するオリジナル商品

どんなインテリアにもマッチする木調と落ち着いた単色を組み合わせたお洒落なツートンカラーのセレクト収納キャビネット。

自由度の高いセミオーダーキッチン。L 型Ⅱ列型どんな間取りにも対応。扉はアイカメラミンおよそ1000 色から選べる。海外の様々な機器(特に食器洗い機)も組込み可能だ。

経年変化と共に味わい深くなる本当の意味で、唯一無二、無垢の木のキッチン。


住宅ソリューションズ株式会社

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14
メディ・コープビル8 7階
TEL 03-6302-3065
FAX 03-5330-2188
https://housol.com/index.html

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事