【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

CLT

しーえるてぃー

クロス・ラミネーテッド・ティンバーの略。ヨーロッパ発祥の木質パネルで、木材のひき板(ラミナ)を、その繊維方向を直交するかたちで積層接着したもの。ヨーロッパではCLTを壁や床に使い、10階建て規模の高層建築物も建設されている。農林水産省は日本でもCLTを構造材料として普及するため、JAS規格化を進め、「直交集成板の日本農林規格の制定案」を策定。年内にも制定したい考えだ。

このキーワードを含む記事

2022.8.5

(一財)日本建築センター、脱炭素に向けた関連業を積極展開

住宅・環境審査部を新設し省エネ関連業務を一体運用

2022.7.26

潮目変わるウッドショック

輸入材の在庫量増加、価格も下落局面に

2022.6.20