キーワード  | 2013.7.12

CLT

しーえるてぃー

クロス・ラミネーテッド・ティンバーの略。ヨーロッパ発祥の木質パネルで、木材のひき板(ラミナ)を、その繊維方向を直交するかたちで積層接着したもの。ヨーロッパではCLTを壁や床に使い、10階建て規模の高層建築物も建設されている。農林水産省は日本でもCLTを構造材料として普及するため、JAS規格化を進め、「直交集成板の日本農林規格の制定案」を策定。年内にも制定したい考えだ。

このキーワードを含む記事

住宅 |  2020.2.7

ポラス、住宅品質保証の本社屋を木造で建設

住宅建設で培ったノウハウを随所に反映

行政 |  2020.1.27

令和2年度 住政策の方向性

省エネからストック対策、災害対応まで

住宅 |  2019.12.19

住友林業、CLTの箱状構造体つなぐ木造建築物

東京学芸大学に寄贈、実用化に弾みも

住宅 |  2019.11.27

住友林業 木造3階建て新研究棟 つくば市に完成

独自技術使い、「W350計画」実現に弾み