キーワード  | 2014.10.24

バランシンググループサービス

ばらんしんぐぐるーぷさーびす

新電力間で電力を融通し合う仕組みを提供するもの。電気事業法で新電力事業は30分単位で電力の需給を絶えず一致させておかなければならないというルールが定められている。不足した場合には新電力は電力会社にペナルティ料金を支払わなければならない。

バランシンググループサービス」を利用することにより、新電力は供給電力が不足しても、他企業から電力を融通してもらえるためペナルティ料金を払うリスクを低減できる。