キーワード  | 2014.9.26

高齢者居住安定確保計画

こうれいしゃきょじゅうあんていかくほけいかく

高齢者の安心居住を目的に、自治体に策定を推奨している計画。自治体が管轄する区域のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の登録基準の付加・緩和などを盛り込める。

9月に国土交通省は有識者委員会を開催し、サ高住に関わる制度の見直しに向け検討を開始。この中で、市町村に高齢者居住安定確保計画の策定を促していくなどし、市町村の街づくり・介護施策と連動したサ高住の供給を図っていく考えを示した。

このキーワードを含む記事

行政 |  2018.2.23

国交省が今後のサ高住施策の検討を開始

まちなかへの供給や既存ストック活用、サービスの効率化などが促進

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る