【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

一次エネルギー消費量

いちじえねるぎーしょうひりょう

見直しが進められている住宅の省エネ基準において、指標として採用される予定になっているもの。

これまでの省エネ基準が主に建物外皮の断熱・気密性能の向上を求めてきたのに対して、新たな基準では設備機器や再生可能エネルギーなどの環境負荷低減効果なども考慮し、家全体の一次エネルギー消費量を削減することを求める予定。ただし、外皮の省エネ性能を前提とする仕組みを構築しようとしている。

このキーワードを含む記事

2021.12.17

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】長期優良住宅法が一部改正

さらなる普及拡大を目指し認定基準を見直し 脱炭素社会の実現へ省エネ性向上のけん引役

2021.11.29

子育て世帯の省エネ住宅取得に100万円補助

国土交通省が「こどもみらい住宅支援制度」を創設

2021.11.15

住宅性能表示で等級6、7を創設

HEAT20のG2・G3を目安に設定

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る