キーワード  | 2014.3.14

強靭な理想の住宅を創る会

きょうじんなりそうのじゅうたくをつくるかい

2013年12月に住宅関連の企業や業界団体、有識者などにより、耐震化などを促進し住宅の〝強靭化〟を図るために立ち上げられた一般財団法人。東海大学海洋研究所・長尾年恭教授を代表理事とする。

今回、同財団は本格的な事業開始にあたり事業方針を公表。耐震診断を行う事業者の育成や認定事業を行っていくほか、会員同士で耐震性能を高める商品の共同開発なども進めていきたい考えだ。

このキーワードを含む記事

Housing Tribune |  2014.3.14

ハウジング・トリビューン Vol.469(2014年5号)

今、サービス付き高齢者住宅で何が起きているのか

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る