キーワード  | 2014.3.14

遮煙性能

しゃえんせいのう


火災時の炎を有効に遮る性能のこと。防火地域や準防火地域では、建築基準法が定める耐火建築物が求められる。耐火建築物では開口部には防火設備が必要になる。遮煙性能(EB)は防火設備に求められる性能で、屋内と屋外からそれぞれ火災を想定した加熱を行い、20分間燃え抜けないことが要求される。性能評価試験に合格し、国土交通大臣の遮煙性能の認定を取得すると、防火設備として認められる。