キーワード  | 2014.3.14

集中減算

しゅうちゅうげんさん

ケアマネージャーがケアプランを立てる際に、同じ居宅介護支援事業者を一定以上の割合で利用すると介護報酬が大幅に減額となる仕組み。サービス付き高齢者向け住宅では、一定以上の居住者が同じ介護事業所を利用すると集中減算の対象となる。厚生労働省では在宅医療にも集中減算の考え方を導入する予定。これによって、医療機関が運営するサ高住では医療報酬を前提とした事業モデルを構築することが難しくなると言われている。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る