キーワード  | 2013.6.14

都市開発版SEGESつくる緑

としかいはつばんシージェスつくるみどり

公益財団法人都市緑化機構が、開発事業での緑に関わる取り組みを評価し、優秀な事例を評価・認定するもの。

分譲・賃貸マンション開発、分譲住宅地開発、オフィス・店舗開発を対象とする。基本的な評価項目は、「事業者が周辺地域との調和する緑地の創出を行う方針をもっているか」、「事業者が緑地にどれだけ公益機能を発揮させようと計画しているか」など。都市開発事業者の緑地保全・創出の取り組みを促す。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る