【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2022.6.16

アイジー工業、超高耐久ガルバの「SP-ガルボウ」発売

ガルスパンを超えるサイディングに育てる

アイジー工業は縦葺き屋根の住宅で、一体感のあるデザインを創出する外壁材、「SP-ガルボウ」を発売した。マテリアルショックを受けた厳しい状況から脱却する契機となる商品に育てる。


金属製外壁材アイジーサイディングの新商品「SP-ガルボウ」を発売した。デザイン性、機能性、施工性、省エネ性の4面において優れた商品となっている。

SP-ガルボウは、新築のキューブ型住宅に多い縦葺き屋根に合わせたサイディング。一体感のあるデザインを求め、屋根材を壁に利用する人がいることから、ニーズに応え縦リブ形状の外壁材を開発した。屋根材をそのまま外壁に使用すると、ベコつきや凹みが生じやすいが、断熱材を裏打ちすることでフラットなデザインを実現した。長さは標準品が4000㎜だが、受注生産で最大8000㎜まで対応するため、壁全体で継ぎ目のない外観にすることができる。屋根材に使われることの多い5色をカラーバリエーションとして取り揃える。

縦葺き屋根に合わせた新商品SP-ガルボウ

また、従来のガルバリウム鋼板にマグネシウム2%、シリコン1.6%を追加した「超高耐久ガルバ」を初めてサイディングに採用。切断端部やキズ部で高い腐食抑制効果を発揮し、赤さび15年、穴あき25年の保証を可能にした。これにより、住宅の長寿命化が可能となり、SDGsへの貢献も期待できる。様々な仕様で準防火構造・防火構造認定を取得。鋼板屋根材を外壁として張る場合に必要な、屋外側の石膏ボード下張りが不要で屋根材より手軽に施工が行える。加えて、あらかじめ施工に必要な付属品を用意することで、現場に合わせた付属品の加工工程が少なくなるため、施工コストを大幅に削減できる。窯業系サイディングに比べ重量が3分の1以下であることもポイント。断熱材には、高性能なポリイソシアヌレートフォームを使用し、高い熱抵抗値で冷暖房使用時のCO₂を削減する。設計価格は2万9,100円/坪(税別)。年間18万坪の販売を目標にする。

マテリアルショック乗り越え安定供給へ全力

アイジー工業は、昨年、「ウッドショック」「アイアンショック」「フッ素ショック」「樹脂ショック」といったマテリアルショックの打撃を直に受け、これまで通りの商品供給を行うのが苦しい状況に追い込まれた。そうしたなか、供給が半減した焼き付けフッ素に代わり、ポリエステルを使用するなどの措置を取り、ようやく安定供給への道筋が見えてきたとする。今年度は、2022年度事業計画必達、心身の健康維持および労災ゼロ、原材料安定確保に向けネックとなっている部分を見極めるアクションプランと、カーボンニュートラル達成に向けたロードマップの策定を経営方針に掲げる。

2021年度の売上高は前年度比13%増で過去最高の245億円を達成したが、取扱商品で唯一、販売数量が前年から2%落ちたサイディングの回復を目指す。高光克典代表取締役社長は、新商品SP-ガルボウについて「発売から20年以上経った今でもNo.1セラーのガルスパンに次ぐ、ひいては凌駕する商品に育てていきたい」と発売をテコに難局から挽回することをアピールした。3年ぶりとなる「アイジーフェア」を、札幌で6月24日に、東京で6月29日に開催、「SP-ガルボウ」を展示し、販売強化へつなげる。

関連記事