【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

変化する暮らしのニーズに応える資格制度⑦ ライティングコーディネーター

より魅力的で適切なライティングをコーディネートする

電気の基礎、照明理論からインテリア、エクステリアに関するライティングコーディネートの実践知識、誘導灯などの防災関連の法的な知識まで国内で唯一、一貫して学べる資格制度。資格取得には同協会が認める認定講座を受講し、修了試験に合格することが必要。認定講座は「短期集中講座」「通信教育講座」「委託講座(詳細は同協会HPをご確認下さい)」の3種類を設定。受けやすい講座を選択できる。

6月講座はCPD単位取得対象に

2022年6月の短期集中WEB講座はCPD単位取得(建設振興基金)対象となっている。CPD認定についての詳細は同協会HPに掲載している。

そのほか、同協会では会員に向け、照明に関するオープンセミナーや照明プランの無料相談などを行っている。

2022年度資格試験の概要

■短期集中講座

受講期間2日間の集中講座(2月・6月・10月に開催)
受講資格1:建築・設備・インテリア・エクステリア関連の実務経験3年以上の方
2:大学、高校または専門学校の建築学科・電気学科・造園学科等の学科を卒業した方
3:建築士・電気工事士・インテリアコーディネーター等の資格取得者
受講会場東京および大阪の2会場もしくはWeb講座
受講料4万9,500円(税込)(教材費、受講料)
※短期集中講座に関しては、コロナウイルス感染拡大により日程の変更、もしくはオンライン授業へ切り替わる可能性があります。

■通信教育講座

受講期間6ヶ月(月1回の課題提出/全6回)
申込み随時受付、毎月開講
受験資格18歳以上
受講料4万9,500円(税込)(教材費、受講料)

一般社団法人 日本ライティングコーディネート協会
TEL:03-6261-4762
https://jlca.or.jp/

関連記事

2021.6.8

ライティングコーディネーター

ライティングの提案の幅が広がる資格制度

ハウジング・トリビューン Vol.479(2014年17号)

IT業界、ホームセンター、家電量販店… 本気度高まる 異業種のリフォーム戦略