【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.12.23

YKK AP、内装ドア「ファミット」のバリエーションを拡充

おうち時間で高まるインテリア需要に対応

YKK APはインテリアドアシリーズ「ファミット」のバリエーションを拡充した。コロナ禍でおうち時間が増えインテリアへのこだわりが高まるなか、多様化する需要に対応、販売のさらなる強化を図る。


ファミット「R 突板タイプ」。通常よりも厚めの突板で高級感を訴求

YKK APは、インテリアドアシリーズ「famitto(ファミット)」のバリエーションの拡充を行い、12月6日から販売を開始した。

SNSなどを通じ、消費者が自宅のインテリアを広く発信できるようになったことで、より多様なインテリアを目にする機会が増え、これまで以上に消費者のインテリアに対するニーズは多様化している。さらに、コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことにより、その傾向はより加速している。こうしたことから、今回、YKK APは多様化するニーズへの対応を図るため、インテリアドアシリーズ「ファミット」をリニューアル、商品バリエーションの拡充を図った。

今回、「R 突板タイプ」を追加した。これは、ドアの表面に厚めの天然木突板を貼り込んだもので、天然木ならではの肌触りや質感、美しい木目と自然の風合いを訴求する。「通常の突板は厚さが0.2mm程度だが、今回は0.5mmとし本物志向への対応を強化した」と、インテリア事業部 販売促進部長の伊藤陽一氏は話す。

ファミット「W木調タイプ」。9種類のデザインと12色の組み合わせで、多彩な空間デザインが可能

もう一つ、今回新たに投入した新たな種類が「W 木調タイプ」。木のぬくもりや木肌感をシートでリアルに再現したもので、9種類のデザインと12色の組み合わせにより、多彩な空間デザインが可能。木質インテリア建材の標準柄の「ラフォレスタ」、トレンド柄の「ラフォレスタ F」と共通カラーを設定し、同一空間でシリーズを問わずコーディネイトできる。「様々な色柄から自分好みのものを選びたいといったニーズへの対応を図った」(同)としている。

既存の「ガラスタイプ」でも商品を拡充した。従来は引戸タイプのみの設定だったが、今回、要望の多かったドアを新たに設定。通常の扉の場合、錠のパーツであるラッチを扉内部に埋め込むが、全面ガラスの開放感を生かすため、ラッチが不要な“マグネットキャッチ”を新開発。ガラス面のデザイン性とドアとしての機能を両立させた。

今回、壁に設置する枠も改良した。ファミットでは従来からアルミ素材の特長を生かした2.5mmのスリムな枠見付を採用しているが、今回、枠の先端の手触りに配慮し枠アングルを大きめのR形状に変更した。また、納まりに関しては、スリム枠の壁からの出っ張りに納まる“幅木(スキニータイプ)”も新設定したことで、スリム枠と壁との一体感をより高めた。

従来からファミットは、2.5mmのスリムな枠見付などが演出する高いデザイン性に対する評判が高かった。今回、トレンドに対応した商品の拡充で、より幅広い嗜好やニーズに対応できるようになっただけに、ファミットに対する需要はさらに高まりそうだ。

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)

特集:

ハウジング・トリビューンは、住宅事業者の商品開発担当者などを対象に、今後の住宅商品開発の方向性を探るアンケート調査を実施した。

「省エネ」、「再生可能エネルギー活用」、「木材利用」、「リサイクル」、「蓄エネ」、「防災・減災」、「温熱環境」、「空気環境」、「在宅ワーク」、「非接触」、「IoT・IT」、「家事支援」、「高齢者対応」、「子育て支援」、「リフォーム対応」、「長寿命化」、「高意匠」、「省施工」、「DIY」、「その他」という19項目の中から、商品開発を進めていく上で注力したいテーマを3つ選択してもらった。

また、その中でも特に注力したいテーマと、なぜそのテーマを選択したのか理由を聞いた。
アンケート結果から、あるべき未来の住宅像が浮き彫りになった。

目次を見る

関連記事