【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

建物価値向上にもデジタルの力を

デジタル技術を駆使して住宅履歴情報を活用する時代がきている 建物価値を向上させていくには、越えなければいけない課題は多い。そもそも新築時の住宅性能がはっきりしないため、20年後、30年後、初期性能に対してどの程度性能が落ちているのか把握することは難しい。また、多くの住宅で定期的なメンテナンスが実施されておらず、住宅履歴が残っていないという課題もある。こうした中で、デジタルの力を活用して建物価値向上…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2021.11.19

翔設計、老朽化マンション対策に「トータル・リノベーション」

1棟まるごと再生する「スーパーリフォーム」の提案強化

2016.9.27

新・住宅金融サービスの芽生え 建物評価の見直しで広がる可能性

メガバンクが優良ストック向けの独自ローン 〝鶏と卵の議論〟から脱却へ