【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2021.11.12

ハウジング・トリビューンVol.630(2021年21号)

自然災害対策の新スタンダード さらに強く、しなやかに

気候変動時代に求められる住まいづくり

自然が猛威を振るい、地震や台風・集中豪雨などが頻繁に発生している。
土砂崩れや地盤の液状化、河川氾濫や都市洪水などが毎年どこかで起こり、大きな被害を生んでいる。
また、こうした自然災害にともなって電気や水道、ガスなどの生活インフラが断絶し、人々の暮らしを脅かしている。
大地震や大型台風などが、もはや特別なものではなくなるなか、住まいには新たな自然災害対策が求められている。高い耐震性を備えることは前提で、風水害への配慮、また、緊急時の対応など、
これまでになかった視点も加えながら、その被害の軽減を図ることが求められているのである。
国を挙げての防災対策が進むなか、住宅産業界においてもさまざまな取り組みが加速する。
こうした動きのなかから、住まいの新たなスタンダードが生まれようとしている。

ハウジング・トリビューンVol.630(2021年21号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼs eyes

断熱等級6、7が持つ意味
蓄電池の普及、カギは経済的メリット以外の価値にあり

自然災害対策の新スタンダード
さらに強く、しなやかに
気候変動時代に求められる住まいづくり

INTERVIEW

ERIホールディングス 代表取締役社長 馬野俊彦 氏
着実、堅実に事業の継続を一番に

スマカチ通信 住宅業界に求められるLGBTへの配慮

TOPIC&NEWS

大東建託、戸建注文住宅の請負事業を展開
住宅性能表示で等級6、7を創設
エネルギー基本計画と地球温暖化対策計画が閣議決定
JERCO、"実質0円"の高齢者向けリノベを推進

連載

新・住まい学「健康と住まい」【前編】
奈良県立医科大学 疫学・予防医学教室 教授 佐伯圭吾 氏

国産材を活かす㉖ 新時代迎えたカラマツ林業
林材ライター 赤堀楠雄 氏

特別レポート「CEATEC 2021」 最新テクノロジーが描く近未来の暮らし

グッドデザイン賞が決定 コロナ禍でデザインに対する期待高まる

勝ち残るための工務店ネットワーク

CLOSE UP

積水化学工業 PV自家消費率7割の戸建を発売
大東建託パートナーズ 暮らしに役立つプラットフォーム立ち上げ
(一社)プレハブ建築協会 住生活向上推進プラン2025を策定
(一社)高齢者住宅協会 2025年の高齢者住宅のあり方を提言
早川ゴム CLTの下地防水で業界初の飛び火認定

FLASH

トヨタホーム TQ FACTORYの成約率が1.5倍に
三菱地所ホーム 家づくりプラットフォームを開発
ポラスグランテック 重量鉄骨造9階建てビルを竣工
アキュラホーム 普及価格帯の中大規模木造実現へ新工法
翔設計 老朽化マンション対策に「トータル・リノベーション」
ハタノ製作所 風呂掃除の手間を削減する家事ラクを提案
システムサポート 建築業界初 電子受発注システムが公的認証

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.634(2022年2号)

特集:

進化する「wallstat」が木造住宅づくりを変える

地震大国といわれる日本において、住宅の地震対策は欠かすことができない。また、遠くない将来に必ず起こるといわれる南海トラフ地震と首都直下型地震などの巨大地震に備え、住宅には、より高いレベルの耐震性能が求められている。こうした中で近年、存在感を高めているのが、木造住宅の耐震シミュレーションソフト「wallstat(ウォールスタット)」だ。木造住宅を3次元的にモデル化し、過去に起きた地震や想定される巨大地震など様々な地震動のデータを入力することで、木造住宅の地震による揺れを動画で解析し構造プランを強化できる。

耐震性能の可視化により、エンドユーザーに対しても説得力を持って高耐震住宅の重要性をアピールしやすくなるため、wallstatを活用して、建てる前に住宅を揺らし、壊し、シミュレーションを行い、より耐震性の高い、安全性を高めた住まいを実現し、普及を目指す住宅事業者も増えてきている。

2022年1月には、wallstatのバージョンアップにより、耐震シミュレーション機能が強化された。ユーザーの声を反映し、計算時間を約2分と、従来の10分の1に短縮。より使いやすいものへと進化している。wallstatで耐震シミュレーションをすることがあたり前という時代になっていきそうだ。

併せてwallstatに組み込みシミュレーションできる建材、連携できるソフトウェアも紹介する。

目次を見る

関連記事

2022.1.28

ハウジング・トリビューンVol.634(2022年2号)

耐震シミュレーションが不可欠な時代

DXツールを使いこなす 業務改善からビジネスチャンスの創造へ

[Housing Tribune 特別動画セミナー] 収益アップにつながるツール活用術 

2021年、市場から注目を集めた建材・設備商品30選

アワード受賞、コロナ対策、性能向上、耐久性向上…