【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2021.11.17

アキュラホーム、普及価格帯の中大規模木造実現へ新工法

新社屋の建築を通じ技術を確立

アキュラホームは新たに開発した組子構造の新工法で地域の工務店でも施工できる普及価格帯の中大規模木造の実現を目指す。8階建ての新社屋の建築を通じ技術の確立に取り組む。


特殊技術や特殊金物を使用せず中大規模木造建築を実現

アキュラホームは2024年の完成を目指し、さいたま市西区に木造8階建て(高さ31m、約1815坪)の新社屋を建築する。

最大の特徴は、特殊技術や特殊機械、特殊金物を使用せず中大規模木造建築を実現すること。具体的には、木造軸組み工法の製材、プレカット加工技術などの生産システムを使って建築する。構造体には、東京大学の稲山正弘教授の協力を得て開発した組子構造体パネルを使用。これにより、免震装置に頼らず、木の構造体だけで高い耐震性能を実現する。組子構造体パネルはプレカット工場で生産できるようにし、現場では設置するだけで済むようにする。

新工法を採用することで、建築コストを一般的な中大規模建築の3分の2以下(坪120万円以下)に抑えることを目指す。

新社屋の外観。木造8階建てビルの他、2階建ての低層中大規模木造建築物も建築予定

工法はオープンに
工務店でも中大規模木造を

新社屋の内観。新開発の組子構造体パネルが意匠的にも美しい

アキュラホームは新社屋の建築を通じ新工法を確立した後は、工法をオープン化する方針だ。

国の後押しもあり、中大規模木造建築が徐々に増えている。しかし、その多くは特殊技術や特殊機械、特殊金物を使用し大きなコストとノウハウが必要なため、大手ゼネコンなどの一部の施工会社で先行している。より中大規模木造建築の普及を促すためには、地域の工務店でも施工できるような体制が必要──。こうしたことから、アキュラホームは特別な技術や金物を使用せず、コストも抑えて建築できる新工法をオープン化し、地域の工務店にも採用してもらうことで、中大規模木造建築のさらなる普及を図っていきたいと考えている。

組子構造パネルの生産体制が課題

一方で、現状では新工法の一般的な普及に向けた課題もある。その一つは、組子構造体パネルの生産に対応するプレカット工場をいかにして増やしていくかということ。これまでにない構造体であるだけに、プレカット工場の対応には時間が掛かりそうだ。アキュラホームの宮沢俊哉社長は、「すぐにというわけにはいかないだろうが、10年後くらいには全国で組子構造体パネルを利用できるよう、プレカット工場に協力を働きかけていきたい」としている。

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.634(2022年2号)

特集:

進化する「wallstat」が木造住宅づくりを変える

地震大国といわれる日本において、住宅の地震対策は欠かすことができない。また、遠くない将来に必ず起こるといわれる南海トラフ地震と首都直下型地震などの巨大地震に備え、住宅には、より高いレベルの耐震性能が求められている。こうした中で近年、存在感を高めているのが、木造住宅の耐震シミュレーションソフト「wallstat(ウォールスタット)」だ。木造住宅を3次元的にモデル化し、過去に起きた地震や想定される巨大地震など様々な地震動のデータを入力することで、木造住宅の地震による揺れを動画で解析し構造プランを強化できる。

耐震性能の可視化により、エンドユーザーに対しても説得力を持って高耐震住宅の重要性をアピールしやすくなるため、wallstatを活用して、建てる前に住宅を揺らし、壊し、シミュレーションを行い、より耐震性の高い、安全性を高めた住まいを実現し、普及を目指す住宅事業者も増えてきている。

2022年1月には、wallstatのバージョンアップにより、耐震シミュレーション機能が強化された。ユーザーの声を反映し、計算時間を約2分と、従来の10分の1に短縮。より使いやすいものへと進化している。wallstatで耐震シミュレーションをすることがあたり前という時代になっていきそうだ。

併せてwallstatに組み込みシミュレーションできる建材、連携できるソフトウェアも紹介する。

目次を見る

関連記事

2022.1.7

【2022年の“注目”住宅マーケット:中高層木造】都市に国産材活用の第2の森

国産材活用の木造ビル建設が加速 SDGsで “都市の第2の森林”が脚光

2021.12.21

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】改正木促法が施行

一般建築も含めて木造化を推進 国産材の利用拡大に強力な追い風