お知らせ ◆10月21日〜22日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

単独展示場を核にポラスならではの地域密着営業を貫徹していく

ポラテック 取締役 木造建築事業部 事業部長 橋本裕一 氏

ポラスグループの注文住宅戦略を聞く

橋本裕一 氏

ポラスグループは注文住宅事業、戸建分譲住宅事業、プレカット事業のほか、住宅に関する事業を総合的に行う。
注文住宅事業では、地域密着に特化したブランド力を武器として、新たな戦略を打ち出している。
陣頭指揮をとる橋本裕一・木造建築事業部長は、大手ハウスメーカーでトップセールスマンとして活躍した経歴をもつ。
その橋本氏は、ポラスグループの注文住宅事業をどのように変革しようとしているのか。


──コロナ禍以降の注文住宅事業の状況をお教えください。

コロナ禍によって第一回目の緊急事態宣言が発令された時、「厳しい状況を強いられるだろう」というのが大方の見方だったのではないでしょうか。

私はチャンスだと考えました。これまで長年にわたり住宅営業に携わってきた経験から、たとえ一時的に需要が落ち込んだとしても、必ず戻ってくるタイミングがあると思ったのです。消費税の導入と引上げ、バブル経済の崩壊、リーマンショックなどの荒波を経験してきたからこそ、そう考えることができたのかもしれません。

結果的には、現在、注文住宅だけでなく、分譲住宅事業も非常に好調に推移しています。在宅時間が増えるなかで、住まいをより良くしたいという方々が増えているのでしょう。

昨年のゴールデンウィーク明けあたりから展示場への来場者も増加傾向にあります。ただ、ウッドショックはさすがに予測できませんでした。

なんとかこの難局を克服して、教訓として次の世代に伝えていくべきでしょう。

創業から50年、ブレない方針を強みに

──大手ハウスメーカーに在籍していたということですが、ポラスグループの印象は。

大手ハウスメーカーの多くは、賃貸住宅や不動産事業、海外事業へと軸足を移していきました。会社の方針としては正しいかもしれませんが、それまでの成長を支えてきた戸建住宅事業を縮小していく姿を目の当たりにすると、やはり寂しさを感じます。社員も戸建住宅の売り方を叩きこまれ、住宅を売ることに喜びを感じていたのに、梯子を外されるわけです。

また、一度、事業を縮小してしまうと、そこから再度、上昇気流に乗せていくことは至難の業です。社員の士気も下がります。

対してポラスグループは、創業から50年以上、戸建住宅事業を中核に据え続けてきました。創業当初の方針を貫く姿勢がグループ全体の今の強みになっていると感じています。

──分譲住宅事業と比較すると注文住宅の成長が遅れているという印象もありますが。

分譲住宅がポラスグループの中心であることは間違いありません。ただし、色々な場所でポラスグループの分譲住宅を目にした方々が注文住宅でも当グループに興味を持ってきています。
私は2020年3月に木造建築事業部長に着任しましたが、社員一人一人の営業力も高いと感じています。

他社に負けない設計力も備えています。今の受注規模で50名もの設計スタッフがいる会社は珍しいでしょう。そのうち20名はフロント設計といって、お客様とコミュニケーションをとりながら設計を仕上げていくことができます。

今の若い世代は個性のある多様な住宅を求めています。だからこそ社内で全て対応できる設計力が大きな武器になるはずです。

さらに言えば、アフターサービスについても、住宅品質保証というグループ内の会社が専門的に担っています。ポラスグループの方針は、「何かあれば1時間で駆け付ける」というものです。地域密着で、なおかつ全てを自社で完結できるからこそ、こういった方針を貫くことができるのです。

分譲住宅だけでなく、注文住宅事業についても、ポラスグループは大きなポテンシャルを秘めています。ただ、そのポテンシャルを十分に生かしきれていなかったことも事実です。現在、そのポテンシャルを最大限に引き出すための取り組みを進めているところです。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.629(2021年20号)

特集:

蓄積されるエビデンスの最前線

住まいの温熱環境が居住者の健康を大きく左右する──そのエビデンスが着実に蓄積されつつある。
断熱性や気密性を高めることは暮らしの快適性につながるだけでなく、健康にも影響することは従前から指摘されてきたが、これらは経験や体験に基づくものであり、医学的なエビデンスに裏打ちされたものではなかった。
しかし、ここ10年間ほどの間に温熱環境と健康に関する研究が進み、その成果がまとまり始めている。
温熱環境と血圧、睡眠、虚弱、皮膚疾患などとの関係が明確になりつつあるのだ。
高性能住宅は、省エネ性や快適性などだけでなく、こうした健康面での価値を持つ。
住まいづくりも大きく変わりそうだ。
それぞれの分野の学識経験者に、研究の最前線、その影響などについて聞いた。

住まいと健康
慶應義塾大学理工学部システムデザイン科 教授 伊香賀俊治氏
温熱環境と睡眠
関西大学環境都市工学部建築学科 教授 都築和代氏
温熱環境と高血圧
自治医科大学循環器内科学部門 教授 苅尾七臣氏
温熱環境と皮膚疾患
岐阜工業高等専門学校建築学科 教授 青木哲氏
温熱環境と虚弱
北九州市立大学国際環境工学部建築デザイン学科 准教授 安藤真太朗氏

目次を見る

関連記事