【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

現況から未来に向かう住宅部品(その1) 膨大なストック改善には時間がかかる

激動の戦後から、高度成長そして成熟化社会を経て膨大なストックを抱える社会となって既に久しい。現代社会の住産業は、多くのストックに囲まれ、モノがあふれ、時にそれが障害となることもある。住宅リフォーム産業活性化が言われても思ったように進展していない。高齢社会が更に進み、経済成長が鈍化する中で、既存住宅の枠組みを超えていくような新しい工法や技術開発が遅れているように思え、閉塞感すら感じる。しかし、日本を…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事