住宅地の地価が上昇傾向に転じる

郊外住宅地の用地取得回復が牽引

住宅地の地価が上昇傾向に転じたことが、国土交通省が公表した「地価LOOKレポート」で分かった。特に、郊外エリアの地価の上昇が目立っている。 上昇・横ばいの地区数の割合の推移(商業地・住宅地の合計) 「地価LOOKレポート」とは、国土交通省が主要都市の高度利用地等を対象に、四半期毎の地価動向を調査し先行的な地価動向を明らかにするもの。調査対象は全国100地区。 今回公表された「地価LOOKレポート」…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

パスワードをお忘れですか ?

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.619(2021年8・9号)

特集:

パンデミック後の住産業

コロナ感染拡大の第一波から1年が過ぎた。
特に緊急事態宣言下で、仕事や暮らしが一定の制限を受け、社会そのものが大きく変わらざるを得ない状況が続いている。
こうした変化を受け、住生活でも大きな変化が起こり、新たなニーズが生まれている。
パンデミックで何が変わり、何が変わらないのか。
この一年の変化と、これからを探った。

目次を見る

関連記事