2020.12.25

ハウジング・トリビューンVol.612(2021年1号)

どうなる2021年の住宅マーケット

市場拡大の鍵
戸建、賃貸、マンション、リフォーム、既存住宅流通、移住・住替え…

2021年の幕が上がった。
コロナ一色であったといっていい2020年を経て、新たな年はどのような一年になるのだろうか。
人口減少、少子・高齢化、環境対策への強い要請など社会的な環境変化に加え、新型コロナウイルスの蔓延は住生活産業に劇的な変化を促そうとしている。
新設住宅着工はいよいよ70万戸時代に突入しそうで、新築をベースとした市場はその姿を大きく変えつつあり、既存住宅の取引量が増大している。
また、東京一極集中にストップがかかり、郊外への移住が顕在化し始めた。
一方、環境対策や自然災害対策などにより、省エネや耐震など住宅の性能向上はこれまで以上に強く求められそうだ。
特に空き家問題も踏まえ、既存住宅の利活用、更新が大きな課題となっている。
戸建からマンション、既存住宅流通、移住住替え、省エネや災害対策など、成長の鍵はどこにあるのか──。

ハウジング・トリビューンVol.612(2021年1号)表紙

ハウジング・トリビューンVol.612(2021年1号)

発行元:創樹社  価格:1500円+税

創樹社WEB BOOK SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

グリーン住宅ポイントの意味
2050年カーボンニュートラル達成の大号令

どうなる2021年の住宅マーケット
戸建、賃貸、マンション、リフォーム…

TOPIC&NEWS

グリーン住宅ポイント制度の詳細が明らかに
国交省有識者会議、既存住宅の流通活性化でとりまとめ案
政府が緊急経済対策を閣議決定
税制改正大綱まとまる 住宅ローン減税特例を1年延長、贈与税非課税も拡充
建産協、IoT住宅の国際規格化でステップアップ
積水化学工業 住宅カンパニーがストック事業を強化

連載

新・住まい学 ワーケーションと暮らし【後編】
パソナ JOB HUB 事業開発部長兼ソーシャルイノベーション部長 加藤遼 氏

国産材を活かす 林業は成長産業になれるか⑰ 林材ライター 赤堀楠雄 氏

デコスファイバーの優位性がWUFIで明らかに
夏型結露対策に調湿性が効果あり

CLOSE UP

(一社)環境共創イニシアチブ 2019年度のZEHは約6万戸と着工の14%に

2021年 住宅産業トップの年頭所感

岡部 柱脚金物の応用で壁柱を実現

FLASH

ポラスグループ 戸建分譲でハイグレードシリーズを推進
三井不動産 コワーキングスペースなどの共用部に従量課金制
パナソニック エコシステムズ 25年度に売上高3000億円に倍増へ
サンワカンパニー 新生活様式への対応や新事業を加速
京セラ 再生可能エネのP2P電力取引で実証実験
大日本印刷 DXで不動産・建設業界の課題を解決
UiPath 住宅・不動産業界でも広がるRPA
(一社)全日本災害住宅レジリエンス協会 日本初、災害復旧工事のプラットフォーム
川越市 ワーキングスペース実証実験をスタート
(一社)テレメディーズ これから医者付き住宅を当たり前に

Channeling Data

(一社)日本建材・住宅設備産業協会 「新型コロナウイルス感染症による影響調査」