Housing Tribune |  2020.8.14

ハウジング・トリビューン Vol.604(2020年15・16号)

コロナで変わる住まいの姿

求められる安全安心と心地よさ

新型コロナウイルスの影響により、住まいへのニーズが変化しつつある。
飛沫感染、接触感染、空気感染のリスクを低減し、安全安心な住空間を実現するためには、どのような対策が有効なのか。
「非接触」、「抗ウイルス」、「換気」などのキーワードがクローズアップされている。

一方で、在宅勤務が広がり、家で過ごす時間が増える中、「家時間をより快適に過ごしたい」、「仕事に集中できる個室が欲しい」といったニーズが顕在化し、プランニングや間取りなどにも変化の兆しが見え始めている。

ハウジングトリビューン編集部では、住宅事業者、デベロッパー、建材・設備メーカーなどにアンケートを実施。
コロナ禍のなかで変わる住まいの姿を浮き彫りにする。

ハウジング・トリビューンVol.604(2020年15・16号)

ハウジング・トリビューン Vol.604(2020年15・16号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社WEB BOOK SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

融合か分離か――暮らしと仕事
アフターコロナでの避難とは

コロナで変わる住まいの姿
求められる安全安心と心地よさ

鼎談 待ったなし!住宅業界の働き方改革 
伊藤忠建材 代表取締役社長 柴田敏晶 氏
コンピュータシステム研究所 代表取締役 長尾良幸 氏
コムテックス 代表取締役 後藤 敏郎 氏

TOPICS&NEWS

三菱地所 木造プレハブ住宅事業を立ち上げ
シェアリングシティ推進協議会が設立
分譲マンションでテレワーク提案が本格化
巨大台風を想定した耐風シャッターが充実

"新しい生活様式"で必要不可欠に
住まいのスタンダードになる 宅配ボックス

連載

新・住まい学 新型コロナと住まいと災害【後編】
近畿大学建築学科准教授 SPEACパートナー 一級建築士 宮部浩幸 氏
近年の住宅部品の実態を観る(第8回) 
ハウジングトリビューン特別編集委員 村田幸隆 氏
プレミアム住宅建材 旭トステム外装 「SHiZEN OBORO」 

CLOSE UP

ポラスグループ・ポラテック 木造非住宅分野でプレカットが注目
スマカチ通信 どうなる!? 2020年度の住宅・不動産市場

FLASH

積水ハウス アフターコロナ時代での住まいづくりに動く
ホームエクスプレス構造設計 ビルダー・プレカット工場向け構造設計支援サービスを開始
ポラスグループ・ポラスタウン開発 人気ママブロガーを使った住宅に注目
TOTO 主力システムキッチンを全面刷新
パナソニック ライフソリューションズ社 リノベ提案拠点でオンライン集客・接客を開始
サンワカンパニー 賃貸住宅のトータルプランニング提案を加速
クックパッド 「たのしいキッチン事業」を本格化
スカイピーク ドローンスクール講習後のサポートを強化